映画部:キミクレ

一番のストレス発散方法は「泣く」ということらしいので、

映画部では

「涙活推進:泣ける映画を皆で見よう」

というテーマで、メンバーが思い思いの1作品を

お酒とお菓子を堪能しながら実質、ほぼタダで鑑賞しております。





9月に入ってメンバーのお盆休みも一通り終わったので、

映画部、ひさびさの部活動でございます。





今回は、某レンタル店の紹介文で

「全米が泣いた!涙腺崩壊必至」

みたいな感じだったので。

しかも有名な「きみ読む(きみに読む物語)」の原作者ということであれば

期待値は高いのでは・・・ッ!!

その作品はこちらです。

きみがくれた物語_170912_0011.jpg




「きみがくれた物語」=キミクレって略すんですかね?笑

「The Choice」という原題なんですが。




映画あるある:邦題、思いっきり違う。笑





内容ですが、原題のとおり。

主人公にさまざまな選択が迫られます。

大きく分けると3つ。

「序盤の選択」「中盤の選択」「ラストの選択」





メンバーの中でも、群を抜いて涙腺弱い数人は無事に泣けたようで・・・

きみがくれた物語_170912_0006.jpg





全米とは言えないまでも、全俺は泣けるくらいの展開でした。







そういえば、新入部員も増えました!

きみがくれた物語_170912_0008.jpg



随時、入部受付中です。

皆さまの入部表明、お待ちしております(部費くれ)。

この記事へのコメント