映画部

4月も映画部、活動しました。

今回のプレゼンターは私、福原です。

そして今回の映画はコレ!!

10624278.jpg

「チャンプ」

自分のことを“チャンプ”と呼んで敬愛してくれる息子のために、
再びリングへ上がることを決意した父親の
挑戦と親子の深い絆を描いた珠玉のヒューマンドラマ。

1979年公開のアメリカ映画です。

泣ける映画を探していた際、私の友人がかつて、「俺が産まれたのは、両親がこの映画を見て
子供がほしいと思ったからだ」と言っていたのを思い出し、この作品にしました。

この映画は、その昔、アメリカの大学で科学的に証明された
『もっとも確実に人を泣かせる映画』に選ばれた作品とのこと!

部員たちが泣けたかどうか。結果は。。。

5打数3安打の猛打賞!(5人中3人泣いたってこと)

しかし映画部恒例の、「泣けるツボの違い」により、今回も全員泣くということはありませんでした。

私個人としては、主人公の息子がけなげでとても泣けました。

今回泣けなかった女性部員O野さん曰く、

「主人公である父親がクズ過ぎて共感できない!」

そうなんです。今回の主人公、ギャンブルのために小さい息子の
貯金箱を割ってお金を拝借してしまうようなクズオヤジなんです。

しかし、映画部にもクズオヤジが二人います。S水さんとH田さん。

その二人はどうだったか。

結果は、もちろん大号泣。

やはりクズに共感してしまったようです。

この作品、男性ならかなりの確率で泣ける映画だと思うのですが、
やはり今回もあの男は泣きませんでした。

涙活が目的の映画部で唯一、一度も泣いたことが無い男、G蔵くん。

何が彼をそうさせるのか、早く人間の心を取り戻してほしいものです。

余談ですが、この日の翌日がK込さんの誕生日だったので、
サプライズで小さいケーキを用意しました。

IMG_0483.JPG

この日、K込さんは途中から参加するということだったので映画が終わったら出そうかと。

しかし、K込さんは現れませんでした。得意のダブルブッキングです。


そんなこんなで映画部、定期的に開催しています。

次回は5/17(木)の予定です。体験入部はいつでも歓迎です。

IMG_0486.JPG



この記事へのコメント